講演・研修・コンサルティング/コンサルティング

発熱組織ブログ

Bad news is good news

コーチングの仕事をしていてクライアントと向き合った時、必ず最初に聞くことがあります。

「最近のグッドニュースとバッドニュースを教えてください」

これは何もコーチングに限ったことではなく、職場での個人面談でも対話の切り口としては有効です。

部下はあまり悪い報告はしたくない、できれば自分を良く評価してもらいたい。

こんな承認欲求からついつい「良い報告」をしてしまいがちです。

でも上司が本当に知りたいのはクレームや進捗の遅れなど現状の課題、つまり悪い情報ですよね。

ある著名な経営者の講演を聴いたときにこれは名言だな、と思った言葉があります。

Good news is no news.

No news is bad news.

Bad news is good news.

深いです。。。

だからあえてグッドニュースとバッドニュースをフラットに聴いています。

もちろん、日次でマネジメントが細かくできていれば別ですが

週一とか月一とか定期的に現場を臨店するときとか。

グッドニュースとバッドニュースから透けて見えてくるヒントや課題が必ずあるはずです。

2015年06月17日経営

カテゴリー別インデックス

月別インデックス