講演・研修・コンサルティング/コンサルティング

発熱組織ブログ

禅語を学生が超訳したらこうなった

どんなに良いものでも難解だったら人には伝わりませんよね。

難しいことをやさしく、わかりやすく伝えることって

ビジネスシーンにおいても日常生活においても、とても大切だと思うんです。

私は禅があらゆる課題を解決する切り口になると思っているのですが

禅というのはどうにも難解でわかりにくい。

たとえば最近大手企業を中心に導入が増えているコーチングは

禅でいうところの禅問答ですし

マインドフルネスは坐禅瞑想ですね。

言い方を変えたり、科学的な根拠を添えることで伝わりやくなったりもします。

禅というのはそもそも「示す」編に「単」と書くので

とにかくシンプルに示す、シンプルに表現することが禅の考え方そのものなんです。

さて、本題。

禅のことば「禅語」を学生に超訳してメッセージ風に

わかりやすく表現してもらいましたので

是非しっかりと、ゆっくりと、味わうように、読んでみてください。

私もこの学生の禅語【超訳】から新たな勇気をもらいました。


禅のことば/禅語【超訳】 
         
【前後際断/ぜんごさいだん】

一日一日を続きのものとして考えるのはやめないか

今日という日は今日しかない

今日という日は二度とやってこない

後悔のないように今この一瞬を大切に生きていこうよ

新たな気持ちに切り替えてまた一日を始めよう


【初心/しょしん】

はじめた頃に戻るって素晴らしい

謙虚な気持ち、緊張感、感謝する心...

今のあなたに欠けているものが見つかるかもしれない

一度振り返ってみてはじめた頃を思い出そう


【主人公/しゅじんこう】

あなたは物語の主人公に憧れたことはあるかな

でもあなたも自分の人生の主人公なんだよ

人生は選択の繰り返し

自分の道を切り開こう

あなたの人生の主人公はあなただけなんだから


【全機現/ぜんきげん】

あなたは本気で能力を出すことはできているか

他人と比べなくていい

自分にあるもので目の前のものに本気でぶつかろう

自分にある最高の力で

あなたには可能性がある


2015年11月04日

カテゴリー別インデックス

月別インデックス